よこひな通信

【現在地】 > ホーム > 学校だより > 平成26年11月号
平成26年10月30日

校長室から

校長 石上信彦
 10月20日から10月31日は、2年生の現場・校内実習期間で企業や福祉事業所等に出かけて実習を行いました。また、期間内に校外で実習を行わない生徒は、校内に設置された「ひなたやまカンパニー」で実習を行いました。
 2年生の実習は、3年生で行う実習と異なり、卒業後の進路と直結するものではなく、学校という環境とは異なる環境において、卒業後の社会人としての生活の中で大きな部分を占める「働く」ということを、体験を通して学習する意味が大きく占めています。 私が、本校の教育目標のキーワードである「自己実現」を語るとき、いつも2つのことを言っています。

自分のやりたいことを見つけ、やりたいことができるようになる。
自分のやりたいことをやったことが、自分の幸福だけではなく、人も幸福にする。

この実習を通して、生徒の皆さんに学んでもらいたいことは、「働く」ということを、単に「報酬を得るために労働する」と言う狭い意味ではなく、社会で生きていく中で、それぞれの人が自分なりの力を発揮して、「役割に対して責任を持って取り組む」という広い意味での「働く」ということを、学習してもらいたいと思います。
 社会の中で生きていく上では、それなりの責任を果たす必要があります。その社会的責任を果たすことが、自分のやりたいことに結びついていれば、きっと充実した人生になるのではないかと思います。
 少し大きな話になりましたが、この実習を通して得たことが、今後の生徒の皆さんの生活に意味あることになることを願います。
メダルの画像"

第12回神奈川県障害者技能競技大会(アビリンピック神奈川2014)

2年 就業支援コース 田﨑裕之さんが出場、みごと、金賞を受賞しました‼

ひなたやまベーカリー

11月の販売日

13日(木)10:30~12:30 ふれあいルームにて、喫茶店を開店
21日(金)11:30~パン販売 

特集1  下瀬谷地域ケアプラザ「秋のケアプラザ祭り」に参加して

 10月5日の日曜日、学校からほど近い下瀬谷地域ケアプラザの「秋のケアプラザ祭り」に参加しました。参加者はフードサービスユニット1年の生徒有志5名と、職員5名。去年に引き続き2回目の参加です。
 朝から本降りの雨と強い風が吹きつけるあいにくの天気でしたが、5名の生徒はフードサービス実習室でせっせとパンの袋詰めを終えると、路線バスで会場へ。
下瀬谷地域ケアプラザでの販売の様子
着いてみると、悪天候にもかかわらずケアプラザ内は熱気にあふれ、ハロウィンにちなんだ飾り付けがされた明るい館内にはハッピを着たケアプラザ職員の方々の元気な声が飛び交っていました。11時から始まった落語にはたくさんの来場者が詰めかけており、その落語が終盤にさしかかった頃に「ひなたやまベーカリー」の販売を開始。すると、たちまちお店の前には行列ができて途切れることがありませんでした。ケアプラザの利用者の方や来場者のお客様はみな笑顔で、ちょっと緊張気味の生徒とやりとりをしながらパンを買い求めて下さり、200個用意したパンは販売開始から30分足らずで完売!1年生の生徒にとっては、初めての校外での販売で「ひなたやまベーカリー」への期待と人気を実感する充実した経験となりました。

特集2  ~日本型食生活を見直してみましょう~

~ごはんを主食としたバランスの良い食事~

 『日本型食生活』とは昭和50年代頃の食生活のことで、主食であるごはんを中心に主菜(魚/肉/卵など)・副菜(野菜/果物など)・汁物を組み合わせたバランスの良い食事です。主食のごはんはどんなおかずとも相性が良いのが特徴です。ごはん中心の食事の良いところは、和・洋・中ともよく合うおかずがいっぱいあるとういことです。
 給食でもごはん中心の和食をなるべく取り入れるようにしています。

~和食の汁物は主菜にも副菜にも~

味噌汁の画像
 和食の汁物は、中の具材により主菜にも副菜にもなります。卵や大豆製品のような具材がたっぷり入れば主菜に、野菜・きのこ・海藻などを中心とした汁物にすれば副菜になります。
 また、食材が持つおいしさや、だしのうま味を生かすことで過剰な塩分の摂取を抑えることもできます。ごはん中心の料理の中に、だしのうま味と風味をいかした汁物や煮物などを上手に取り入れてみましょう。
 11月の給食でも、具だくさんな汁物である沢煮椀・豚汁・けんちん汁・のっぺい汁などをメニューに取り入れています。 

第2回 よこひな祭ちらし

第2回よこひな祭ちらし 神奈川県立横浜ひなたやま支援学校
〒246-0034  横浜市瀬谷区南瀬谷2丁目20番地 (045)300-5611(代表) (045)300-5612(事務室)
Copyright(C)  神奈川県立横浜ひなたやま支援学校. All Rights Reserved.