よこひな通信

【現在地】 > ホーム > 学校だより > 平成26年4月臨時号

自己実現をめざして

臨時号 発行 平成26年4月7日
校長 石上信彦
 新入生の皆さん、入学おめでとうございます。また、第1期生の皆さん、進級おめでとうございます。
 昨年度27人でスタートした本校ですが、今年度は、新1年生55人を加え、全校生徒数が、一気に3倍になりました。新しい先生方も増え、活気があり、昨年度とは、また違った展開になるのではないかと楽しみです。
 さて、年度初めの学校だよりということで、本校の基本理念について再確認したいと思います。  本校の基本理念は、「自己実現する人を学校・家庭・地域で支え、育む」です。
  この「自己実現」という言葉には、次のような意味があります。
本校は、高等部だけの学校です。本校を卒業した後は、おそらく、ほとんどの生徒が社会人になると思われます。その意味で、「自立と社会参加」は本校の大切なテーマになります。しかし、この「自立と社会参加」の言葉の前には、「障害者の」ということ言葉が暗示されていると私には感じられました。
 一方、神奈川県では、「支援教育」を推進しています。特別支援教育は、障害のある幼児・児童・生徒への教育ですが、神奈川県では、「障害の有無にかかわらず」、困っている子どもに対して、適切な教育をしていくということで、「特別」をとって「支援教育」としています。
 本校では、「支援教育」を推進している神奈川県立の特別支援学校として、障害の有無にかかわらず使える「自立と社会参加」の意味を含んだ言葉として、「自己実現」という表現を使うことにしました。

 2年生に進級した生徒の皆さん、新入生の皆さん、それぞれの自己実現に向け、新たな歩みを始めましょう。

Copyright(C)  神奈川県立横浜ひなたやま支援学校. All Rights Reserved.