よこひな通信

【現在地】 > ホーム > 学校だより > 臨時号 平成27年4月
平成27年4月 6日

自己実現をめざして

校長 石上信彦
  新入生の皆さん、入学おめでとうございます。また、2、3年生の皆さん進級おめでとうございます。
 本校は、平成25年度から1学年ずつ新入生を迎え、今年度、ようやく全学年がそろいました。さらにパワーアップした「よこひな」になれるのではと期待しています。
 さて、昨年度も触れましたが、年度初めの学校だよりは、節目として基本に立ち返り、本校の基本理念について再確認いたします。
 本校の基本理念は、「自己実現する人を学校・家庭・地域で支え、育む」です。
 この「自己実現」という言葉には、次のような意味があります。
 本校は、高等部だけの学校です。本校を卒業した後は、おそらく、ほとんどの生徒が社会人になると思われます。その意味で、「自立と社会参加」は本校の大切なテーマになります。しかし、この「自立と社会参加」の言葉の前には、「障害者の」という言葉が暗示されていると私には感じられました。
 一方、神奈川県では、「支援教育」を推進しています。特別支援教育は、障害のある幼児・児童・生徒への教育ですが、神奈川県では、「障害の有無にかかわらず」、困っている子どもに対して、適切な教育をしていくということで、「特別」をとって「支援教育」としています。
 本校では、「支援教育」を推進している神奈川県立の特別支援学校として、障害の有無にかかわらず使える「自立と社会参加」の意味を含んだ言葉として、「自己実現」という表現を使うことにしました。
 生徒の皆さん、先生方と一緒にそれぞれの自己実現に向け、一歩ずつ前に進み始めましょう。    
Copyright(C)  神奈川県立横浜ひなたやま支援学校. All Rights Reserved.